昭和33年5月に現在地に医療法人寿人堂みどりヶ丘病院として病床数50症にて開設いたしました。

当時は、雑木林に囲まれた閑静な環境の地にあり、木造平屋建1棟、木造一部2階建1棟にて3病棟を構成、その他デイルーム棟のほか付属建物等が点在し、自然環境に恵まれた林間に位置していました。

当時は、精神衛生法の改正を契機として、家庭に監置されていた潜在的患者層の治療水準への浮上が盛んであった時期であり、それに伴い入院患者が年を追う毎に急激に増高してきたため、逐次増床を行ってきました。

その後、建物が手狭になり昭和41年、鉄筋コンクリート造3階建1棟を増築、病床数を190床に増床し、あわせて、看護師宿舎1棟、医員宿舎2棟を併設すると共に、職員の福利厚生の一環として院内保育所を併設いたしました。

更に、昭和54年より2ヶ年にわたり、木造病棟の老朽化に対応するため、3工期に分け、全棟鉄筋化のための改築を行い、病床数222床に増床。

平成7年には患者の社会復帰支援のためのグループホームを開設いたしました。(21年廃止) 。

平成18年、定床198床、病棟体制を3看護体制に変更し現在に至っています。

理念:常に患者様の立場に立ち、患者様の人権を尊重し、患者様の利益を守ります。

方針:患者様、ご家族、地域、社会福祉資源、医療の連携を密にし、より良いサービスを提供します。




医療法人寿人堂 みどりヶ丘病院
〒916-0021 福井県鯖江市三六町1-2-6
TEL(0778)51-1370  FAX(0778)51-1487
プライバシー・ポリシー
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。